銀座しまだ内科クリニック

一般内科、消化器内科、肝臓内科
03-3574-9103
03-3574-9104

銀座しまだ内科クリニック コラム

銀座しまだ内科クリニック

アレルギー性鼻炎

アレルギー性鼻炎

アレルギー性鼻炎とは花粉やハウスダストなどのアレルゲン(アレルギーの原因となる物質)に対し、免疫が過剰に反応して起こる鼻炎です。花粉が原因の場合、花粉の飛散期のみ症状があらわれますが、ハウスダストなどが原因の場合には一年中症状に苦しむこともあります。

原因アレルゲンの特定が非常に重要です。お困りなことあれいつでもご相談ください。

また当院ではアレルギー体質を根本的に改善する舌下免疫療法」や「ヒスタグロビン+ノイロトロピン」の注射も取り扱っております。いずれも保険適応ですので気になる方はいつでもお問い合わせください。

 

 

症状

・鼻水、くしゃみ、鼻詰まり

・頭痛、鼻/喉/目/耳の痒み、違和感

・しばしばアレルギー性結膜炎を合併します

 

原因

花粉:(春)スギ、ヒノキ、(夏)シラカンバ、イネ、(秋)ブタクサ、ヨモギ、カナムグラ、(冬)スギ

花粉以外:主にハウスダスト(室内の塵のことで、ヒトやペット等の動物のフケ、カビ、ダニ、細菌などがいくつか混合したもののことを指します。)

 

診断

・診察/問診:症状、生活環境などの聴取、

・血液検査(特異的IgE検査「View39」):原因アレルゲンを網羅的(39項目)に調べます。1回の採血で終了保険適応です。

治療には、原因アレルゲンの特定が非常に重要です。

 

治療

・鼻水・くしゃみ:抗ヒスタミン薬

・鼻詰まり:抗ロイコトリエン拮抗薬、点鼻薬(抗アレルギー薬、ステロイド)

舌下免疫療法:スギ花粉症、ダニアレルギー性鼻炎の方に適応がある根本的にアレルギー体質を改善する治療です(コラム「舌下免疫療法」参照)。今まで使用していたアレルギーの薬を減らしたりやめたりする事が可能になります。

ヒスタグロビン+ノイロトロピン:アレルギー反応の元になるヒスタミンの過剰な発現を抑制し、また、好酸球浸潤を抑制してくれます。ヒスタグロビンとノイロトロピンの併用で相乗効果がえられます。

 

キーワード:銀座、新橋、内科、アレルギー科、アレルギー性結膜炎、アレルギー性鼻炎、通年性アレルギー、季節性アレルギー、特異的IgE検査、好酸球、ヒスタミン、好塩基球、View39、舌下免疫療法、ヒスタグロビン、ノイロトロピン