渡辺内科クリニック

一般内科、消化器内科、肝臓内科
03-3574-9103

こころを元気にする「ほっと」安らげる、そんな地域医療の中心的存在でありたい

診療時間
診療時間
アクセス
東京都中央区銀座8-4-26イワキビル(横須賀第6ビル)4階
アクセス

当クリニックについて

渡辺内科クリニックは、銀座に昭和53年に開院し、最寄駅が銀座駅、新橋駅、有楽町駅と交通の便が良いこともあり、近隣のみならず遠くから来られる方も多いクリニックです。

この度、渡辺内科クリニックを引き継ぎ、これまで培ってきた経験・知識を生かして、NASH(非アルコール性脂肪肝炎)、脂肪肝、生活習慣病を中心に正確な診断と治療を提供して参りたいと思います。

生活習慣病としてのNASH(非アルコール性脂肪肝炎)、脂肪肝、糖尿病に特化した診療は肝臓専門医でも非常に難易度が高く、病態把握に必須となる肝の線維化(進展度)を肝硬度にて測定できるエコー「肝フィブロスキャン」が重要な検査の一つです。
肝フィブロスキャンの解析結果の理解には高度な専門知識を要するため運用しているところが非常に少ないのが実情です。

当クリニックでは、肝フィブロスキャンを習熟した専門医が検査・診察を行っております。また、肥満症、糖尿病、脂質異常症、高血圧も熟知しているため地域医療に限らずあらゆる病態について丁寧で正確な診療を心がけて参ります。

院長 島田 昌彦

渡辺内科クリニック 院長 島田 昌彦

肝臓の硬さを計測 肝フィブロスキャン

肝臓の硬さを計測 肝フィブロスキャン

肝臓の硬さを測ることで、肝硬変の進行度を調べる事ができます。さらに肝硬変から肝臓がんへ移行するリスク算定が可能となりますので、大病予防にとても役立ちます。
また、今まで測定ができなかった肝臓の脂肪量を図ることができるため、NASH(非アルコール性肝炎)の早期発見や生活習慣病の予防ができます。

FEATURE

特徴

近年増えているNASH(非アルコール性肝炎)の早期発見・
予防が可能
短時間での計測が可能

お知らせ