銀座しまだ内科クリニック

一般内科、消化器内科、肝臓内科
03-3574-9103
03-3574-9104

医師紹介

銀座しまだ内科クリニック

銀座しまだ内科クリニック院長 島田 昌彦

ご挨拶GREETING

肝フィブロスキャンを習熟した専門医が検査・診察を行っております

銀座しまだ内科クリニックは、渡辺内科クリニックとして銀座に昭和53年に開院し、最寄駅が銀座駅、新橋駅、有楽町駅と交通の便が良いこともあり、近隣のみならず遠くから来られる方も多いクリニックです。

この度、渡辺内科クリニックを引き継ぎ、これまで培ってきた経験・知識を生かして、NASH(非アルコール性脂肪肝炎)、脂肪肝、生活習慣病を中心に正確な診断と治療を提供して参りたいと思います。

生活習慣病としてのNASH(非アルコール性脂肪肝炎)、脂肪肝、糖尿病に特化した診療は肝臓専門医でも非常に難易度が高く、病態把握に必須となる肝の線維化(進展度)を肝硬度にて測定できるエコー「肝フィブロスキャン」が必要不可欠です。
肝フィブロスキャンの解析結果の理解には高度な専門知識を要するため運用しているところが非常に少ないのが実情です。

当クリニックでは、肝フィブロスキャンを習熟した専門医が検査・診察を行っております。また、肥満症、糖尿病、脂質異常症、高血圧も熟知しているため地域医療に限らずあらゆる病態について丁寧で正確な診療を心がけて参ります。

銀座しまだ内科クリニック院長
 島田 昌彦

学歴・職歴

平成8年 金沢医科大学卒業
平成8年 東京女子医科大学消化器内科入局
平成13年 同医局
日本を代表するNASH研究施設の東京女子医大消化器病センターにてNASH(非アルコール性脂肪肝炎)の研究
平成14年 同医局
(NASHに関する論文にて)医学博士取得 医療練士課程修了 助手
平成16年 金沢医科大学 消化器内科 助手(NASHとアルコール性肝障害を研究)
平成18年 同医局 准講師
平成22年から24年 アメリカ バージニア州立大学(Virginia commonwealth university )消化器・代謝内科にて世界的なNASHの権威であり米国肝臓病学会のPresidentをされたProf. Sanyalの研究室に留学。NASH(非アルコール性脂肪肝炎)に関する基礎・臨床研究に従事
平成24年10月 東京女子医大八千代医療センター 消化器内科 助教
平成27年8月 藤崎病院 内科副部長 および 東京女子医大八千代医療センター 消化器内科 非常勤講師 および 埼玉県朝霞台中央総合病院 肝臓専門外来担当

所属学会・専門医

  • アメリカ肝臓学会正会員
  • 日本肝臓学会指導医・専門医
  • 日本消化器科内視鏡学会指導医・専門医
  • 日本糖尿病協会療養指導医
  • 日本消化器病学会専門医
  • 日本内科学会認定医
  • 日本肥満学会会員、日本糖尿病学会会員、日本胆道学会会員、日本膵臓学会会員

資格

  • 臨床研修指導医
  • 身体障害者診断指定医 肝機能障害領域
  • 東京都難病指定医
  • TNT(Total nutritional therapy)プロジェクト担当医

研究会の世話人

  • 埼玉県朝霞地区 肝疾患研究会世話人
  • 東葛・城東 肝疾患研究会世話人
  • 肝硬変の合併症を考える会
    in HOKUSO 世話人
  • 糖尿病と肝疾患を考える会
    in 東葉 世話人
  • 東部消化器病研究会世話人
  • 東京東部B型肝炎セミナー世話人(次回の研究会から)