銀座しまだ内科クリニック

一般内科、消化器内科、肝臓内科
03-3574-9103
03-3574-9104

コラム

銀座しまだ内科クリニック

花粉症でお悩みの方に、ヒスタグロビン注射による治療法のご案内

当院ではヒスタグロビン注射による非特異的減感作療法を行っております。

ヒスタグロビンとはヒト免疫グロブリンに微量のヒスタミンを加えた配合剤でアレルギー全般に効果が期待できる、副作用も非常に少ない注射剤です。

 

アレルギーに体を慣れさせて抵抗力を付ける減感作療法と違い、ヒスタグロビン注射は体内のアレルギー反応の元区になる物質、ヒスタミンの働きを抑える方法です。(効果には個人差があります。)

 

治療法は週に1~2回 計6回を1クールとして注射を行います。

 

次の場合は投与できません。

  1. 本剤の成分に対しショックの既往歴がある患者
  2. 激しい喘息発作時の患者(症状を増悪させることがあります)
  3. 月経直前及び期間中の患者(一時的に症状を悪化させる可能性があります)
  4. 妊娠中又は妊娠している可能性のある婦人
  5. 著しく衰弱している患者(発作を誘発する恐れがあります)

 

注意

・生ワクチン(麻疹・風疹・おたふくかぜ・水痘ワクチン)の効果獲得に影響を与える可能性があるためワクチン接種から最低2週間あける必要があります。

・ヒスタグロビン注射を行ってから生ワクチンを接種する場合は最低3~4カ月あける必要があります。

 

注射をお考えの方はシーズンが始まる1ヶ月前に始められることをお勧め致します。

 

 

(参考文献)

日本臓器製薬ホームページより引用