銀座しまだ内科クリニック

一般内科、消化器内科、肝臓内科
03-3574-9103
03-3574-9104

銀座しまだ内科クリニック コラム

銀座しまだ内科クリニック

マイコプラズマ LAMP法による測定を開始しました。

マイコプラズマ感染症に対して「LAMP法による測定」を開始しました。   マイコプラズマ感染症は非定型肺炎として感度の高い感染症です。 臨床的には、なかなか改善しない咳を中心とした感染症の中にマイコプラズマが感染しているケースがあります。   マイコプラズマの検査は「迅速法」や「ペア血清による血液検体にて測定する方法」それに専用培地を用いた「培養法」が行われています。当院でもこ...

続きを読む

花粉症の季節  ヒスタグロビン注射 早めの投与をお勧めします

ヒスタグロビン注射をお考えの方は、シーズンが始まる1カ月前に始めることをおすすめしています。   なぜ早めに始めた方がいいの? わたしたちの体内ではアレルギー物質・抗原(花粉など)が侵入すると、それに反応してIgE抗体が作られ、マスト細胞の表面に付着します。再び体内に抗原(花粉)が侵入すると、マスト細胞の表面に付着したIgE抗体がすばやく抗原(花粉)と結びつき抗原の活動を抑え込みます。そ...

続きを読む

インフルエンザを発症から早期に判定可能な機器を導入しました。インフルエンザワクチンの投与も在庫あり可能です。

当院ではインフルエンザの迅速検査に富士フイルム社『富士ドライケムIMMUNO AG1』を新たに採用しました。           検査の特徴として従来のインフルエンザウイルスの迅速抗原検査は発症して約12時間経過し、ウイルスの数が増えた後に行うのが最適だと言われていますが、『富士ドライケムIMMUNO AG1』はインフルエンザウイルスの存在を確認...

続きを読む

1 2 3 4 5 6 7 8